川内ひろし 質疑ダイジェスト⑤「日本学術会議 推薦会員6人の任命拒否問題」

皆さま、いつも川内博史に対してのご支援・ご協力、誠にありがとうございます。

これまで川内博史が取り組んできた政治活動の一部ではありますが、ご紹介させていただきます。

第5回目は、2020年11月2日 予算委員会質疑のダイジェストです。

日本学術会議は210人の会員で組織される。 しかし、菅総理が6人の推薦者の任命を拒否したことが違法状態が続いていることを川内ひろしは指摘。 違法状態を放置したまま、組織の改革が必要だとする菅総理に対して、任命したうえで組織等のあり方を議論していくのが当然であり、国民の信頼を得るやり方ではないかと追及。 ついに、菅総理は「川内議員の言うとおりだと思う」と答弁。

川内ひろし 質疑ダイジェスト④「コロナ対応医療従事者等慰労金法案について」

皆さま、いつも川内博史に対してのご支援・ご協力、誠にありがとうございます。

これまで川内博史が取り組んできた政治活動の一部ではありますが、ご紹介させていただきます。

第4回目は、2021年3月24日 厚生労働委員会のダイジェストです。

野党が提出した「コロナ対応医療従事者等慰労金法案」には、子育て施設に働く皆さんへの慰労金支給について記載があり、その理由について質問をおこない、必要性について根拠を示しています。

川内ひろし 質疑ダイジェスト③「フリーランスや非正規労働者に対する給付金の支給について」

皆さま、いつも川内博史に対してのご支援・ご協力、誠にありがとうございます。

これまで川内博史が取り組んできた政治活動の一部ではありますが、ご紹介させていただきます。

第3回目は、2021年3月2日 予算委員会質疑のダイジェストです。

コロナ禍でのフリーランスや非正規労働者の皆さんに対する仕事や生活への影響調査の結果を示し、菅首相に本当に困っている人々への給付を検討するよう求めた質疑です。

川内ひろし 質疑ダイジェスト② 「大企業非正規労働者に対する休業支援金について」

皆さま、いつも川内博史に対してのご支援・ご協力、誠にありがとうございます。

これまで川内博史が取り組んできた政治活動の一部ではありますが、ご紹介させていただきます。

第2回目は、2021年2月8日 予算委員会質疑のダイジェストです。

1月28日の質疑で新型コロナウイルス感染症の影響で、休業させられたのに保障を受けられない大企業の非正規労働者のみなさんや生活に困窮するシングルマザーのみなさんのおかれている人たちに会って、状況を把握してほしいと訴え菅首相は「そうしたい」旨を答弁した。それを受けて、川内博史は首相官邸での面会を実現させ、2月2日の会見で「早急にしっかり対応する」という発言を引き出しました。その発言を受けて質問しています。

川内ひろし 質疑ダイジェスト① 「大企業非正規労働者に対する休業支援金について」

皆さま、いつも川内博史に対してのご支援・ご協力、誠にありがとうございます。

これまで川内博史が取り組んできた政治活動の一部ではありますが、ご紹介させていただきます。

第1回目は、2021年1月26日 予算委員会質疑のダイジェストです。

大企業の非正規労働者のみなさんに対する休業支援金給付を実現させた重要な質疑です。

「川内ひろし」は、新型コロナウイルス感染症の影響で、休業させられたのに保障を受けられない大企業の非正規労働者のみなさんや生活に困窮するシングルマザーのみなさんのおかれている状況を訴え、菅首相に「救えるのは総理しかいない」と強く訴えた。 最終的に、厳しい状況におかれている人たちに会って、せめて状況を把握してほしいと訴えた「川内ひろし」に対して、菅首相は「そうしたい」旨を答弁した。