プロフィール

昭和43年 一宮幼稚園卒園
昭和49年 中郡小学校~伊敷小学校卒業
昭和52年 ラ・サール中学校卒業
昭和55年 ラ・サール高校卒業
昭和61年 早稲田大学政治経済学部卒業
大和銀行入行
昭和63年 大月ホテル取締役就任
平成4年 クロス・ヘッド株式会社取締役就任
平成8年
(1期)
衆議院に立候補し、初当選(1期)
運輸・建設・商工・外務・科学技術委員会
民主党鹿児島代表就任
平成12年
(2期)
衆議院当選(2期)
外務・国土交通・農林水産委員会
衆議院沖縄・北方特別委員会理事(平成13年1月~平成14年1月)
平成15年
(3期)
衆議院当選(3期)
文部科学委員会・沖縄北方・郵政民営化特別委員会
衆議院文部科学委員会筆頭理事(平成16年2月~平成17年8月)
民主党副幹事長(平成16年9月~平成17年9月)
平成17年
(4期)
衆議院当選(4期)
内閣・予算・国土交通委員会
沖縄北方・テロ対策特別委員会
衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長(平成17年9月~平成18年9月)
民主党国会対策筆頭副委員長(平成19年9月~平成20年9月)
衆議院国土交通委員会筆頭理事(平成19年9月~平成21年9月)
衆議院予算委員会委員(平成21年1月~平成21年9月)
平成21年
(5期)
衆議院当選(5期)
国土交通委員長(平成21年9月~平成22年9月)
予算委員会次席理事(平成22年10月~平成23年1月)
政治倫理審査会次席幹事(平成22年10月~平成23年1月)
検察官適格審査会委員(平成22年10月~)
民主党本部常任幹事(九州ブロック担当)(平成22年10月~)
科学技術・イノベーション推進特別委員長(平成23年1月~)
環境委員会委員(平成23年1月~)
平成22年 衆議院予算委員会次席理事(平成22年9月~平成23年1月)
衆議院政治倫理審査会次席幹事(平成22年9月~平成23年1月)
平成23年 衆議院科学技術・ イノベーション推進特別委員長(平成23年1月~平成23年9月)
衆議院環境委員(平成23年1月~平成23年9月)
平成29年
(6期)
衆議院当選(6期)
衆議院文部科学委員会筆頭理事
衆議院原子力問題調査特別委員会筆頭理事
財務金融委員会委員
立憲民主党常任幹事会議長
平成30年

文部科学委員会筆頭理事
予算委員会委員
財務金融委員会委員
原子力問題調査特別委員会筆頭理事
立憲民主党常任幹事会議長

令和元年 財務金融委員会筆頭理事
文部科学委員会筆頭理事
予算委員会委員
沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員
立憲民主党常任幹事会議長
令和2年 文部科学委員会筆頭理事
予算委員会委員
厚生労働委員会委員
沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員
立憲民主党常任幹事会議長
立憲民主党政務調査会会長代行
令和3年 予算委員会委員
厚生労働委員会委員
立憲民主党政務調査会会長代行

人一倍の愛郷心。
弾ける熱気の輪の中には、いつも川内博史の顔がある。

痛快弁士、でもある。

昭和36年11月、鹿児島市に生まれる。
妻、長女、長男 の4人家族。



一宮幼稚園、中郡小(1~3年)、伊敷小(4~6年)出身。
この間、池田ゼミナールへ通い、ラ・サール中・高へ進学。
中・高を通して、生徒会長、応援団長を務めると共に
柔道やサッカー等で大活躍、熱血男児として熱い青春を送る。



この頃からエネルギーに満ち溢れた性格で人々を惹きつけ
その明朗快活な弁士ぶりは学内でも随一を誇った。

卒業後は早稲田大学政治経済学部へ進学。
「雄弁会」に入会し、精力的に活動。
持ち前の「川内節」に磨きがかかると共に
日本の将来を真っ向から見据えるようになり
本格的に政治の世界へ志を抱く。

昭和61年大和銀行入行、63年「大月ホテル」取締役に就任。
平成12年までコンピューターコンサルタント会社役員も務める。

平成5年の総選挙に初出馬するも無念の涙を飲む。
しかし国政を自らの手で改善しようという決意は固く、
あきらめずに「正々堂々」の旗を掲げて辻説法を展開。
その地道で一生懸命な活動で多くの人々の心をつかむ。



そして「修行と忍耐の3年間」を経て、
平成8年10月20日、衆議院選挙に初当選。